【都立狛江高校✖狛江市】地域社会貢献プロジェクト

 都立狛江高等学校では、2学年で行われる「総合的な探求の授業」において、地域社会貢献を目的として、全8回に渡って、ワークショップに取り組んできました。
 「観光」「農業」「商業」「未来戦略」「市政全般」の5つの分野で、地域の専門家を講師として設定し、学習を進め、学習の成果を発表する研究発表会を実施しました。

[目的]
 ・狛江市の現状や課題を把握
 ・課題を発見する力解決策を考える力を養い、課題解決は楽しいという気持ちの醸成
 ・高校生の視点から解決策を模索することによって地域に貢献する

 専門家の講義はもちろんのこと、実際にフィールドワークとして和泉多摩川商店街や企業、全国の自治体や先進団体への訪問、地域のイベントへの参加など、様々な経験を通して研究に取り組んできました。

研究内容と講師紹介

 ◇観光分野(4グループ)   
  「狛江市の観光紹介動画の作成」     講師 狛江市観光協会/山口 忍 氏

 ◇農業分野(1グループ)   
  「農業についての研究」         講師 狛江市内農家/小川 憲一郎  氏

 ◇商業分野(1グループ)   
  「商業についての研究」         講師 狛江市内酒屋/秋元 慈一  氏

 ◇未来戦略分野(5グループ) 
  「未来戦略についての研究」       講師 狛江市企画財政部未来戦略室長/銀林 悠  氏

 ◇市政全般分野(5グループ) 
  「市政についての研究」         講師 狛江市議会議員/辻村 ともこ  氏

◆研究発表会◆

 ◇日時 令和4年3月23日(水) 午前9時10分~午後0時30分
 ◇会場 都立狛江高等学校 体育館アリーナ
 狛江市長、狛江市観光協会会長を招いて、1年間研究に取り組んできた成果の発表を行いました。記憶に残った発表内容について、狛江市長より表彰がありました。

関連記事

  1. 観光協会会員募集

    観光協会会員を募集しています