狛江まるごと美術館

 現在、狛江市では絵手紙を中心に市内全域を美術館とみたて、多方面の芸術作品を市内各所に展示する「狛江市まるごと美術館」事業を実施し、シティープロモーションに取り組んでいます。この事業の一環として市内各所に点在する絵手紙鑑賞スポットや散策モデルコースを紹介する「絵手紙散策マップ」を作成しました。

 このマップには、絵手紙散策の休憩の際にご活用いただける「狛江市観光協会推奨商品取扱店」や「わくわく元気!『狛江逸品コンテスト』入賞店舗」など、絵手紙が展示されているお食事処なども紹介しております。小池邦夫さんの作品展示、小池邦夫さんがデザインした巨大絵手紙や絵手紙ロードシートに絵手紙マンホール、全国の絵手紙愛好家の方々の作品展示など、絵手紙の見どころをご鑑賞いただき、絵手紙散策マップを片手に狛江市を散策し、絵手紙を見て、触れて、感じて、より一層お楽しみください。

  小池邦夫氏の作品を鑑賞しながら市内施設7カ所を巡っていただくと景品がもらえるスタンプラリーへもマップからご参加いただけます。

●絵手紙スタンプラリー

 狛江まるごと美術館「絵手紙散策マップ」の4~11ページは、小池邦夫氏の作品を展示している市内7つの公共施設を巡るスタンプラリーとなっています。スタンプは7つの地域にちなんだ「狛江郷土カルタ」をモチーフに、「消しゴムハンコ」を作成しました。

  スタンプを全部集めると記念品【「絵手紙発祥の地ー狛江」オリジナルクリアファイル】を差し上げます

〇スタンプラリーのルール

(1)狛江まるごと美術館「絵手紙散策マップ」を入手します。
※絵手紙マップは、おひとり様につき1冊です。

(2)下記7カ所の「小池邦夫」絵手紙ギャラリーを巡り、スタンプを集めます。※スタンプは、施設の職員が押します。
☆スタンプの設置場所
 1.狛江市市役所
 2.西河原公民館
 3.狛江市民ホール(エコルマホール)
 4.野川地域センター
5.上和泉地域センター
6.南部地域センター
7.岩戸地域センター

(3)スタンプが全部集まったら市役所2階・地域活性課にお越しください。1冊につき記念品を1つ差し上げます。
 (記念品は先着3,000名様まで。無くなり次第終了します。)
注)複数の「絵手紙散策マップ」に押されたスタンプを合算することはできません。

絵手紙マンホール・絵手紙ロードシート
 小池邦夫さん作の絵手紙でデザインされたマンホールとロードシートを歩道上に合計25カ所設置をしています。お出かけの際には足元にもご注目ください。

狛江駅ギャラリー]

巨大手紙
 9月9日、狛江駅北口ロータリーに掲出している「巨大絵手紙」のデザインを市制施行50周年記念事業として一新しました。縦4m・横3mというサイズは、通常の絵手紙約400枚分の大きさに相当し、狛江駅に向かう人や狛江駅から降り立つ人を温かく見守りながら、「大元気」を分け与えてくれます。

関連記事

  1. 「絵手紙発祥の地-狛江」の取り組み

  2. 狛江市と絵手紙 ~絵手紙発祥の地-狛江~